車のサスペンションの仕組み

サスペンションとは主に衝撃を吸収して揺れを軽減したり、安定性を向上させる役割を持ちます。歴史は古く、最近まで数多くの方式を使ったものが出てきましたが、現在使われているのは大きく分けて車軸を固定したリジッドアクスルと呼ばれるものとそうでないインディペンデントの二つあります。リジッドアスクルの場合タイヤ二つを繋いだもので、軸に対してコイルスプリングとショックアブソーバーを取り付けています。大変シンプルでコンパクトな形状のため値段が安く、修理もとても簡単です。レーシングカーなどの特殊な用途に使うものや一部の高級なもの以外はほとんどがこのリジッドタイプが使われています。
車03

一方でインディペンデント式は軸に対して装着するものではなく、左右のタイヤで独立して稼動するものです。非常に複雑な仕組みになっており装着には高いコストを要します。左右のタイヤが独立して稼動することで上下からくる単純な衝撃だけではなく、コーナリングの際の複雑なうねりから来る衝撃を大きく和らげることができます。また、急激なコーナリング時などは右側のタイヤと左側のタイヤとの向きを調整することができるのも特徴です。インデペンデント式はその複雑性がゆえ、メーカーによって非常に形状が異なります。